最新の記事
●2017.1/21  遠州東海グルメ、引佐町「Cocoro 前嶋屋ダイニング」でランチ

国道257号線を浜松から愛知県新城市に向かって走ります。引佐町伊平を過ぎ、三遠南信道路の浜松いなさICの信号を過ぎると、すぐ右手にべんがら塗りの特徴的な建物が現れます。こちらがまんぼう峠に4代続く「前嶋屋」。

建物に入ると中は地元あるいは全国から集められた特産品がズラリ。「Cocoro 前嶋屋ダイニング」は、商品の並んだ通路を左奥に進んだところです。

こちらは座敷席です。4人がけ座卓が4つほど。座敷席の手前にはテーブル席もあります。お店には一番乗りでしたので庭を眺めながら食事できる良い席に座れました。

photo.jpg

photo.jpg

年が変わってメニューが新しくなったそうで、その新メニュー「錦爽鶏のコンフィ」(¥1,300)を注文しました。

パスタやピザも各種揃っていて、もう一品は「カルボナーラ・パスタ」(¥1,000)を注文しました。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 遠州東海「グルメ」コーナーに 遠州東海グルメ、引佐町「Cocoro 前嶋屋ダイニング」でランチ を追加しました。


Ads by Google

絶景かなドットコム - 関連コンテンツ
これまでの記事
●2017.1/18  遠州東海グルメ、浜松で一番美味しい「うなぎ 加和奈」

「加和奈」(かわな)は浜松市北部、小豆餅にあるうなぎ店。ここの特徴は、浜松では数少ない関西風炭焼。表面はカリカリ、サクッとした食感、これを一度味わったら関東風の柔らかさは物足りなく感じます。

年初、最初の営業日、開店直前の5時前に伺ったところ、店の前にはすでに行列ができていました。相変わらずの人気ですね。

開店時間と同時だと事前に席の予約ができます。席についてさっそく注文。「うな重の上」¥2,700 と「うなわさ」¥2,550 を注文。

photo.jpg

photo.jpg

この食感に慣れると、ふにゃっとふやけた感じの関東式調理法はもう口にすることが出来ません。サクサクのうなぎです。箸で切り分けて口に運ぶ、口いっぱいに香ばしいうなぎの味が一杯に広がります。何度食べても天下一品。(写真はうな重の上)

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 遠州東海「グルメ」コーナーに 遠州東海グルメ、浜松で一番美味しい「うなぎ 加和奈」 をリニューアルしました。



●2017.1/18  京都観光、下鴨神社 「浦の回廊」

第34回式年遷宮事業の一環として下鴨神社本殿のうしろを回る木道が完成しました。名称は「浦の回廊」です。入口は御手洗社の左手、拝観券は土産物売り場の建物の中で求めます。

本殿の裏側エリアには初めて入りますが、ウッソウとした巨木の茂る森のなかに木道が敷かれています。奥に進んでいきましょう。「うら」とは、外から見えないものの意味から、心や神様の意味でも使われていたそうです。「占い」も「浦島太郎」も語源は同じです。

少し進むと本殿の(後ろの)屋根が見えてきました。本殿の真裏に来ると木道は広くなり、塀にぽっかり開いた入口から入ってお参りできるようになっています。

photo.jpg

photo.jpg

中は撮影禁止および私語禁止となっていましたので、しずかにお参りしました。内部の建物の周りは一面に10cmほどの白くて丸い石が敷き詰められています。「お白石持ち神事」で奉納した石ですね。そして、正面からは間近に祝詞が聞こえてきました。今日は成人の日でしたので成人式の神事が行われていたようです。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・[1220] 絶景かなドットコム 京都観光Index「左京区」コーナーに 京都観光、下鴨神社 「浦の回廊」 を追加しました。



●2017.1/16  京都観光、京都駅烏丸口の「羅城門 模型」

JR京都駅にまた見どころが一つ増えました。JR京都駅烏丸口改札を出てすぐのところに大きな朱の門がデーンと現れたのです。幅は8m、高さは2.4mもあります。1994年、平安建都1200年を記念して宮大工組合により制作されたものです。

これまでメルパルク京都ビル内に保管されていたのですが、国際観光都市 京都にふさわしい新しいモニュメントを、という趣旨で「平安京羅城門模型移設プロジェクト」が立ち上がり、募金や寄付集め活動の結果、今回晴れて京都駅前の地上に移設されたのです。

photo.jpg

photo.jpg

模型の右側に立てば、羅城門の屋根の上にもう一つのモニュメント「京都タワー」がにょっきり。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・[1219] 絶景かなドットコム 京都観光Index「モニュメント」コーナーに 京都観光、京都駅烏丸口の「羅城門 模型」 を追加しました。



●2017.1/14  京都観光、下鴨神社 2017 新年の風景

上賀茂神社から下鴨神社へ。新年参拝のハシゴです。今日は下鴨神社の境内の様子をレポートします。

下鴨神社の参拝路は、三が日はずらっと出店が並ぶのですが、今日はナシ。参拝者は平常時よりやや多い程度です。

三が日は鳥居をくぐったところに焚き火があり(ちょうど着物姿のおふたりが立っていらっしゃる辺り)、大勢の参拝者が暖を取る光景も下鴨神社の正月風景のひとつですが、、。今日は跡形もなく清掃されています。

楼門をくぐると、、、 正面に見える大絵馬は、下鴨神社の正月の風景その2です。毎年楽しみにして眺める大絵馬、今年は立派な雄鶏です。

photo.jpg

photo.jpg

次に御手洗社(井上社)に向かいます。

みなさん、池の淵でなにやらされていますが、、、 「水みくじ」ですね。おみくじの紙を広げて水に浮かべると、占い文が浮き出てくるのです。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 京都観光Index「左京区」コーナーに 京都観光、下鴨神社 2017 新年の風景 を追加しました。



●2017.1/12  京都観光、上賀茂神社 2017 新年の風景

上賀茂神社、新春、1月9日の参拝の模様です。初詣の混雑はなく、ゆったりと参拝できました。

最初に神馬の神山号、さかんに首をタテに振って我々を呼び止められましたので、ニンジンを一皿買いました。おやつです。

二の鳥居をくぐると、おみくじを結びつける竹細工「みくじ掛」が毎年奉納されています。今年は「鳳凰」と「白馬」、デザインは奥村礼子さんと奥村恵さん。

次に細殿に飾られた恒例の干支の絵を見学です。ご婚礼の記念写真撮影も行なわれていました。国際結婚ですね、花嫁は欧米の金髪さん。

朱の楼門は屋根葺き替え工事のため覆われていました。代わりに成人式にお参りのあでやかな着物姿が光りを放っています。

photo.jpg

photo.jpg

トピックです。駐車場の横にあった悪名高い(?)トイレがとりこわされ新築工事中でした。

京都の神社はトイレがお粗末なところが多く印象を悪くしていますが、上賀茂神社はこれでやっと解消されますね。完成は4月末だそうです。残るはワースト1の北野天満宮、ワースト2のJR京都駅。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 京都観光Index「北区」コーナーに 京都観光、上賀茂神社 2017 新年の風景 を追加しました。



●2017.1/10  京都観光、祇園えびすの「えびす船」巡行

京都の1月の風物誌、初えびすは「京都ゑびす神社」と八坂神社の「北向蛭子社」のものが有名ですが、1月9日、北向蛭子社(通称 祇園えびす、祇園えべっさん)で行なわれる「えびす船」の模様を取材しました。15時前、巡行隊列は八坂神社石段の北側にスタンバイ。

15時になると同時に交通規制が始まり、いよいよ「えびす船」の巡行が始まります。

福娘の皆さん。巡行は四条烏丸まで行って戻ってきますが、途中、四条繁栄会のお店に福笹を配ります。

photo.jpg

photo.jpg

えびすさんの石像が乗ったえびす船が続きます。ふだんは蛭子社の前に立っていますが、巡航中は車に載せられておひろめされます。

祇園太鼓の皆さんは「よーいよーいよーいよーい、商売繁盛で笹もってこい 祇園の蛭子に笹もってこい」の歌に合わせて威勢よく太鼓を打ちます。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・[1219] 絶景かなドットコム 京都観光Index「歳時記」コーナーに 京都観光、祇園えびすの「えびす船」巡行 を追加しました。



●2017.1/9  NHK大河ドラマ「女城主井伊直虎」始まる!

NHK大河ドラマ「女城主井伊直虎」がいよいよ始まりましたね。「ついに始まったか!」と、少し感慨深いものがあります。というのは、舞台となる「井伊谷(いいのや)」は我が家のホームグラウンド、日々の活動の場「都田」は井伊谷領の東エリアです。

photo.jpg

物語の冒頭シーン、3人が遊んでいる巨石の山は「天白磐座遺跡」(浜松市北区引佐町井伊谷1150)です。調査では古墳時代に祭祀が行われた、いわゆる「いわくら」だとか。この巨石の回りを3人が走り回ってましたね。

photo.jpg

次に現れるお寺は「龍潭寺」、井伊直虎はこれからこの寺院で過ごしていくことになります。現在、井伊家の菩提寺であり、物語の時代の井伊家の人々のお墓が残されています。

今回のドラマは「井伊谷」という10km四方にも満たない非常に狭いエリアで進行していきます。馴染みの場所が次から次へと現れるので非常に楽しみです。




●2017.1/8  京都観光、泉涌寺の「泉山七福神巡り」

京都の七福神巡りは1月の歳時記、ポピュラーなものとしては「都七福神めぐり」が有名ですが、7か所離れているため移動がたいへん、バスツアーを利用しても1日がかりです。今日は比較的短時間で七福神巡りが成就できる便利な場所をご紹介します。

御寺泉涌寺で1月の第2月曜日「成人の日」に行われる「泉山七福神巡り」です。

泉涌寺の塔頭寺院に祀られている七福神を順にお参りして福を授かるというイベントです。スタート地点は即成院です。(写真は昨年撮影したものです)

門をくぐると福笹授与所があり、ここで自分の気に入った笹を一本頂きます(無料)。これに購入した縁起物を順に結んでいくのです。

photo.jpg

photo.jpg

第一番は福禄寿。縁起物は安いものから高価なものまでいろいろあって、どれを購入するか迷います。

すべてを高いもので揃えるとフトコロが痛みますのでここは思案のしどころです。

最初ですのでオーソドックスな紙製の藏を選びました。購入したものは授与所の方が福笹に結んでくださいます。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・[1218] 絶景かなドットコム 京都観光Index「歳時記」コーナーに 京都観光、泉涌寺の「泉山七福神巡り」 を追加しました。



●2017.1/6  京都グルメ「新福菜館」の中華そば

京都でも高ランクに位置する人気ラーメン店「新福菜館」でランチしました。

店の前にはもちろん行列、でも回転が早いので待ち時間は10分ほどでした。

注文したのは人気の「中華そば(並)」¥700です。スープは真っ黒系ですが、味は見た目とまったく違い、あっさりしています。チャーシューも九条ねぎもたっぷり。

あわせて注文した真っ黒系の「ヤキメシ」¥500。人気店になる理由がわかりますね、おいしいんですよ、これが。

photo.jpg

photo.jpg

色が濃いためよく見えませんが卵もねぎもチャーシューも入っています。量はやや控えめで、中華そば(並)とセットで食べて男性ではちょうど、女性では少し多めでしょうか。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・[1217] 絶景かなドットコム 遠州東海「浜松エリア」コーナーに 京都グルメ「新福菜館」の中華そば を追加しました。



●2017.1/5  元旦の朝、おせち(記録として)

我が家の元旦おせちです。地域によって、また家庭ごとにお雑煮の作り方は様々だと思いますが、我が家は白味噌ベースで野菜たっぷり。

photo.jpg

photo.jpg

今年はシンプルに。お煮しめが中心です。




●2017.1/4  遠州東海グルメ、リストランンティーノ「イプシロン」でディナー

年の瀬も押し詰まってきた昨年末のある日のディナー、久しぶりの会食です。

6品以上のオーナーシェフご自慢の料理が楽しめる「おまかせコース」(¥3,500)をお願いしました。

最初に「本日のアミューズ」、前菜ではありませんよ、乾杯用の一品ですが、ぜいたくですね。また、お皿のデコレーションも素晴らしい。

「本日の前菜」につづいてパスタです。「手打ちタリアテッレ、ポルチーニのクリームソース」、ポルチーニは我が家の大好物。オーナーシェフのご厚意によりポルチーニにしてくださいました。

photo.jpg

photo.jpg

こんなに美味しいソースは1滴も残してはいけません。自家製パンにつけていただきました!

魚料理は「オーロラサーモンのムニエル」、中はもちろんレアです。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 遠州東海「浜松エリア」コーナーに 遠州東海グルメ、リストランンティーノ「イプシロン」でディナー を追加しました。



●2017.1/1  遠州東海、井伊直虎ゆかりの「龍潭寺」で除夜の鐘、引き続き「井伊谷宮」で初詣

遠州地方(静岡県西部)で除夜の鐘をつける寺院はいくつかありますが、2017年NHK大河ドラマの舞台となる引佐町井伊谷(いいのや)の龍潭寺で行く年の鐘を撞き、2016年を締めくくりました。

市中からかなり離れていることもあって参拝者はそれほど多くありませんでした。11時頃から鐘つきの行列ができ始め、108組に限り番号札が渡されます。11時20分頃到着するとすでに長い列、それでも71番の整理券をゲットです。鐘をついたあと、本堂でこの券と交換に記念品がいただけるのです。

11時45分を過ぎた頃、本堂内で法要を終えた門主を始めとした龍潭寺関係の皆さんが最初に鐘を撞きます。

photo.jpg

photo.jpg

その後、列の順に従って鐘を撞いていきます。並んだ人は全員ひとりづつ撞くことが出来ますが、かなり早いペースで撞いていきますので71番でしたが12時15分頃撞くことが出来ました。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 遠州東海「浜松エリア」コーナーに 遠州東海、井伊直虎ゆかりの「龍潭寺」で除夜の鐘、引き続き「井伊谷宮」で初詣 を追加しました。



●2016.12/31 > 2017.1/1  ゆく年くる年

photo.jpg

サル殿「今年も驚くことが色々あったが、天変地異と異常気象がいちばん心配じゃ。」

photo.jpg

とり殿「コケコッコー! 福来たれ〜!」

本年も「絶景かなドットコム」をよろしくお願い申し上げます。



< 続きは右欄のバックナンバーをご覧下さい >

zekkei-s.jpg
1200項目以上の
京都総合目次はこちら
kyotokankoindex-s.gif
サイト内検索

gourmet.gif

ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら
クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ 人気ブログランキングへ

back-to-top.jpg
トップへ