最新の記事
●2018.11/14  山のページ「紅葉の三頭山 登山記」- Mt. MITOUSAN in Oku-Tama

東京都内の山「三頭山」に紅葉見物を兼ねて登りましたのでレポートします。登山口は多摩町檜原村にある「都民の森」です。標高1,000mを超えるところまでバスで入ることができ、公共の駐車場も完備しています。ここから歩行時間約3時間の日帰り登山です。(ヒデ君レポートです)

三頭山の頂上は3つ、東峰(1,528m)、西峰(1,524.5m)、最も標高の高い中央峰(1,531m)です。山頂は林のなかにあり、落葉していなければ見晴らしはよくありません。この季節はすっかり葉が落ちていて周囲が見渡せました。

photo.jpg

photo.jpg

さて下山はムシカリ峠を経由して三頭大滝に向かいます。滝見橋から眺める三頭大滝です。

三頭山は都心から2時間あまりでアクセスできる日本三百名山のひとつです。登山路は険しくなく、気軽にハイキング気分で登頂できる初心者向けの山と言えるでしょう。途中にはブナ林、滝や吊橋、各種公共施設などありますので楽しみながら登れる山です。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム「山、山、山がいい」ページに 「紅葉の三頭山(奥多摩)登山記」- Mt. MITOUSAN in Oku-Tama を追加しました。



なんといっても紅葉は京都
紅 葉 特 集
Autumn leaves in Kyoto
見渡すかぎりの絶景紅葉をご紹介
観光客の雑踏にじゃまされず、静かに眺める紅葉

ブログランキングに参加中
気に入って頂けたらクリックをお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
絶景かなドットコム - 関連コンテンツ
これまでの記事
●2018.11/13  京都観光、八坂神社のお伊勢さん「大神宮社」

八坂神社の末社の一つ「大神宮社」をご紹介します。八坂神社から円山公園にむかう連絡路の手前左側にあります。

「神宮」という名称から分かるように、こちらは伊勢神宮の京都出張所的な位置づけの神社です。

従って、天照大神を祭神とする内宮と、豊受大御神を祭神とする外宮のペア構成です。

鳥居は白木の「神明鳥居」。八坂神社の境内に多数立っている鳥居は「明神鳥居」。同じ境内の中に形式の異なる鳥居があるというのも面白いですね。

photo.jpg

photo.jpg

この大神宮社は最近建立された神社です。以前に八坂神社に参拝された方は「あれ、そんな末社あったっけ?」と思われるかもしれません。

2016年10月16日に完成しました。伊勢神宮での式年遷宮で出てきた撤去材を用いて造られたのです。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・[1283] 絶景かなドットコム 京都観光「東山区」ページに 京都観光、八坂神社のお伊勢さん「大神宮社」 を追加しました。



●2018.11/10  遠州東海グルメ、亀庵総本店のハモの天ぷら「金鱧の揚げ比べ」
Tempura of Conger pike at Restaurant "Kamean", Hamamatsu Japan.

浜松の和食レストラン「亀庵」はファミレスタイプの店舗にもかかわらず、ファミレスクラスを遥かに超えたクォリティと高いコストパーフォーマンスであるためいつも利用させてもらっています。

亀庵の秋冬メニューとしてハモの天ぷら「金鱧の揚げ比べ」¥580(+税)が始まったので早速注文しました。通常の天ぷら(左)と出汁入り衣の天ぷら(右)がそれぞれ4切れづつ。鱧(ハモ)といえば京料理の定番食材ですが、浜松の鱧はどうかな、と思いつつ注文しました。ところが一口食べてびっくり、大変美味しい! これはハマります。亀庵の人気メニューとなっているそうです。

photo.jpg

photo.jpg

ハモ漁といえば関西が有名ですが遠州灘もれっきとした名産地。舞阪港と福田港(ふくでこう)で水揚げされます。従来はほとんどすべて京都方面に出荷されていましたので浜松市内に出回ることはなく鱧漁がある事自体が知られていませんでした。ところが「地産地消」の流れから地元の料亭にも出荷されるようになったのです。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 遠州東海「グルメ」ページに 遠州東海グルメ、亀庵総本店のハモの天ぷら「金鱧の揚げ比べ」Tempura of Conger pike を追加しました。



●2018.11/7  京都グルメ「イノダコーヒ」清水支店 - Cafe "Inoda Coffee" in Kyoto

清水寺観光のちょっと足休めに最適なお店はやはり「イノダコーヒ清水店」ですね。席が多くてゆったり座れるし、なによりも建物の雰囲気が好き。また開放的な大窓の外に広がる日本庭園「青龍苑」を眺めていると癒やされます。

いつもどおり「アラビアの真珠」を注文、ふだんは砂糖なしで飲むコーヒーも、イノダコーヒで飲むときだけは砂糖入り。疲れが取れる気がします。このコーヒーだけは注文時に「砂糖なしで」と指示しない限り砂糖とミルクが入って提供されます。

photo.jpg

photo.jpg

ところで「アラビアの真珠」はイノダコーヒのオリジナルブレンドで看板メニュー。モカがベースでコクがあり、しかも苦すぎない。1978年以来のブレンドなのだそうです。何度か豆を購入して自宅で淹れてみたのですが、お店と同じ味を出すのはなかなか難しいようです(汗)。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 京都観光「グルメ」ページに 京都グルメ「イノダコーヒ」清水支店 を追加しました。



●2018.11/5  山のページ「清里から眺める山々」- Mountains viewed from Kiyosato

バスツアーを利用して秋の清里観光にでかけました。ここは「山ページ」ですので観光ガイドというよりもむしろ「山」を中心に写真をご紹介します。清里高原から眺めることのできる山々です。

中央高速から「八ヶ岳高原スカイライン」を経由して清里高原に入りましたが、往路の車中から撮影した山も一緒にご紹介します。

「八ヶ岳高原スカイライン」に入って南八ヶ岳の峰々が大きく見えるようになってきました。左端の3つ重なった山は、「前三ッ頭」2,580m、頂上がギザギザの「三ッ頭」2,365m、その右に右半分の姿を見せる「権現岳」2,715m、鞍部に尖った頭を出している「阿弥陀岳」2,805m。

photo.jpg

photo.jpg

その右が八ヶ岳の最高峰「赤岳」2,899m、右端の頂上が平らに見えるのは「横岳」2,829m から「硫黄岳」2,760m につらなる稜線です。

山梨県立「まきば公園」からの眺めです。標高1,100mから1,200mにかけての八ヶ岳の広大な裾野を利用した「八ヶ岳牧場」には牛や羊が放牧されています。八ヶ岳はもちろん東側の展望が抜群です。もちろん「富士山」3,776m まではっきり望めます。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム「山、山、山がいい」ページに 「清里から眺める山々」 を追加しました。



●2018.11/3  遠州東海「小国神社・紅葉ガイド」

静岡県西部・遠州地方で随一といわれる小国神社の紅葉をご紹介します。これまですでに何度も紅葉見物に訪問しているのですが、ベストのタイミングで見ることができたのは初めて。たくさんの写真を使って「小国神社の紅葉見物のヒント」をご紹介したいと思います。

例年ですと見頃は11月の下旬から紅葉が始まり、12月の上旬までが見頃となります。もちろん、その年の気象の状態にもよりますので小国神社の公式HPで紅葉の進み具合を確認してください。美しい紅葉を見ることが出来る場所は小国神社の参道ではありません。東側を流れる宮川沿いです。

photo.jpg

photo.jpg

おそらく小国神社の紅葉見物における最大の難関は「気が遠くなるほど長い渋滞」でしょう。谷崎交差点から小国神社までは一本道、抜け道はありません。休日の昼間はこの道がすべて車で埋まるほどです。最悪2時間を覚悟しなければなりません。平日だと1時間ほどでしょう。渋滞を避けるには平日の早朝狙いですね。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 遠州東海「森町」ページに 遠州東海「小国神社・紅葉ガイド」 を追加しました。



●2018.11/1  京都観光、清水寺門前の「大日堂・真福寺」

真福寺、通称「大日堂」は、清水寺の参道「清水坂」を仁王門に向かって登る途中、左側にある小さな寺院です。

こちらが「大日堂」です。周囲はすべてお土産物屋さん。大変賑やかなところにあります。

こちらの御本尊は金箔に包まれた大日如来。2013年よりこちらに祀られている新しい御本尊です。なお以前のご本尊は平安時代作の重要文化財で、現在、清水寺・宝蔵殿に安置されています。

この御本尊「大日如来座坐像」が出来上がるまで歴史的なストーリーがあります。2011年、東日本大震災が勃発、岩手県陸前高田市は大津波に襲われました。

photo.jpg

photo.jpg

名称「陸前高田松原」は大きな波に押し流され、水が引いたあと残ったのは一本の松。やがてこの松も枯れてしまいました。

被災者への鎮魂の思いで彫られたこの仏像は京都伝統工芸大学校の皆さんによるものです。2012年に完成し、2013年には清水寺に、その後、こちらに祀られることになったのです。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 京都観光「東山区」ページに 京都観光、清水寺門前の「大日堂・真福寺」 を追加しました。



< 続きはバックナンバーをご覧下さい >

Ads by Google

zekkei-s.jpg
1200項目以上の
京都総合目次はこちら
kyotokankoindex-s.gif
サイト内検索

gourmet.gif

ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら
クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ 人気ブログランキングへ

back-to-top.jpg
トップへ