最新の記事
●2018.12/16  遠州東海グルメ「イプシロンのランチ」

「リストランティーノ・イプシロン」、オーナーシェフが手がけられた料理はみな芸術品、絵になります。食べ終わって「ごちそうさま」で終わってしまうのはもったいないので、記憶にとどめるために写真集としてアーカイブしています。

メニューの構成が変更になってはじめて伺いました。2018年9月のランチ写真です。食前ドリンク、アミューズ、前菜、パスタ、デザート+飲み物という¥2,000のコース料理をお願いしました。

「前菜三種」です。多くの素材が組み合わされたイプシロンご自慢の前菜です。京料理で言えば「八寸」に相当する料理ですね。

photo.jpg

photo.jpg

長年京都に通っていて京料理を頂く機会は多いのですが、ジャンルはまったく異なるものの料理の基本は驚くほど似ています。「旬の食材を活かし、その味を殺さない薄味、しかし出汁にこだわり充分すぎる旨味あり。そして見た目の美しさ!」

パスタは二種盛りです。どちらも旨味たっぷり。今回は友人を誘っての会食でしたが、これを初めて食した友人はその緻密さと絶妙な味に驚いたことでしょう。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 遠州東海「グルメ」ページに 遠州東海グルメ「イプシロンのランチ」を追加しました。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたらクリックをお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
絶景かなドットコム - 関連コンテンツ
これまでの記事
●2018.12/16  京都グルメ「田ごと ポルタ店」

「田ごと」といえば四条通に本店を構える老舗京料理店ですが、京都駅前地下街にも支店があります。場所がら、店舗形態はファミレススタイル、でも味は京料理店の伝統を守っています。

今回頂いたのは蕎麦に鱧寿司と天ぷらの付いたお手軽メニュー「鱧寿司膳」(¥1,620)です。

田ごとの蕎麦はおすすめメニューの一つ、いうことなし。出汁香るそばつゆは最後の一滴まで飲み干しました。塩辛くない。

photo.jpg

photo.jpg

シーズンもほぼ終わりですが鱧寿司も言うことなし!

天ぷら盛り合わせが付いています。野菜天です。全体的に良いバランス、量的には若い方にはやや物足らないでしょうが、中高年には程よい質と量でした。あーおいしかった!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 京都観光「グルメ」ページに 京都グルメ「田ごと ポルタ店」を追加しました。



●2018.12/14  京都観光「毘沙門堂の紅葉」Autumn leaves of BISHAMONDO Temple in Kyoto

山科の「毘沙門堂」、観光客も少なく静かに紅葉見物できましたのでレポートします。

毘沙門堂への公共交通機関はなく、最寄りの駅はJR山科駅、ここから緩やかな上り坂を20分ほど歩く必要があります。参道も狭いので大型観光バスもやって来ません。(写真提供は姉夫婦です。ありがとうございました。)

結果としてこんなに静かな境内になります。(毘沙門堂としてはもっと観光客に来てもらいたいのでしょうが、、) 

photo.jpg

photo.jpg

仁王門に至る急な階段です。足の弱い方は階段を登らず左に進めば緩やかな坂を経由して本堂に至ることが出来ます。

本堂に上がり、霊殿を経由して宸殿の裏に回ります。ここから眺める「晩翠園」の紅葉が見事です。庭園の右手奥に見える「高台弁財天」の手前は真っ赤なドウダン。建物を取り囲むカエデも真っ赤ですね。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 京都観光「左京区」ページに 京都観光「毘沙門堂の紅葉」Autumn leaves of BISHAMONDO Temple in Kyotoを追加しました。



●2018.12/12  京都観光「霊鑑寺の紅葉」Autumn leaves of Reikanji Temple in Kyoto

皇室ゆかりの鹿ヶ谷の門跡寺院「霊鑑寺」の紅葉の様子をご紹介します。場所は哲学の道の南端近く、東に向かって数分登ったところです。通常は一般公開していませんが、紅葉の時期は境内、僧坊内ともに毎年公開しています。

門をくぐってすぐ左に拝観受付です。紅葉シーズンやや早めの訪問ですが紅葉の進み具合はどうでしょうか。奥に真っ赤な紅葉が見えていますので大丈夫かな。

「書院」の脇を奥に進みます。一段高いところの紅葉が紅い。本堂は高いところにあり、お堂のように見えます。

photo.jpg

photo.jpg

本堂には菊の御紋と葵の御紋が並んでいるのが珍しい。霊鑑寺は門跡寺院ですから菊の御紋ですが、本堂は徳川家斉の寄進によって建立されたため両方の紋が並んでいるのです。

最上段の回遊式庭園を奥に進んでいきます。サザンカが満開ですね。霊鑑寺は椿の名所でもあります。年明けから様々な種類の椿が咲き乱れることでしょう。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 京都観光「左京区」ページに 京都観光「霊鑑寺の紅葉」Autumn leaves of Reikanji Temple in Kyotoを追加しました。



●2018.12/8  遠州東海グルメ、半田町の割烹「大船」で夕食

割烹「大船」(おおぶね)は、地元遠州灘の舞阪港から直送の天然活魚料理店。割烹であるが定食メニューも多数あって家族連れで賑わいます。

先日の夕食をご紹介。初めて注文した「海鮮丼」(¥1,850 税抜)です。茶碗蒸しと赤だし付き。

なんとデラックスな海鮮丼でしょう。クルマエビが二尾、手前の小さな船はウニとイクラ、コハダ、写真では見えませんが中トロ、その他ご飯が見えないほど海鮮がビッシリ。

photo.jpg

photo.jpg

単品で注文した「ハモの天ぷら」(¥1,000 税別)です。黒板に書かれたその日のおすすめメニューですし、ハモ自体が季節物ですのでいつでも食べれるわけではないですが、浜松特産のハモを美味しく戴くことができました。

今日もおいしい夕食ごちそうさまでした!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 遠州東海「グルメ」ページに 遠州東海グルメ、半田町の割烹「大船」で夕食 を追加しました。



●2018.12/6  京都観光「哲学の道・紅葉の風景」
Autumn leaves of Tetsugakuno-michi "Philosopher's Promenade"

紅葉し始めた頃、哲学の道を北から南まで歩きましたので、その光景をご紹介します。スタートポイントは白川通・今出川交差点です。疎水に沿って若王子神社まで歩きます。

まず、銀閣寺に向かって東方向に向かいます。途中、白沙村荘手前のイチョウが綺麗! まっすぐ進めば銀閣寺ですが、疎水の橋の手前を右に曲がれば哲学の道です。

ここから疎水沿い遊歩道の写真が続きます。似たような写真が多くなりますがご容赦(汗)。

photo.jpg

photo.jpg

疎水沿いに石畳の遊歩道が設けられています。春あるいは紅葉シーズンはかなりの通行量ですので、マイペースで歩きたい方はアスファルト舗装された右側の広い道をどうぞ。

哲学の道は春の桜で有名です。一方、疎水沿いの紅葉は多くなく、彩りを添えるものとしては色とりどりのサザンカの花でしょうか。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 京都観光「小路散策」ページに 京都観光「哲学の道・紅葉の風景」- Tetsugakuno-michi "Philosopher's Promenade"を追加しました。



●2018.12/4  遠州東海グルメ、奥山方広寺の「精進料理」- Vegitarian dishes of Hokoji Temple

臨済宗方広寺派の本山「奥山方広寺」で精進料理がいただけるというので、さっそく行ってきました。

メニューは2種類、「本膳」(¥2,000 税別)と「方広寺精進うな重」(¥1,000 税別)です。なお、方広寺に入るには拝観料(¥400)が別途必要です。また、方広寺のホームページによると行事等で受けられない場合もあるので事前電話予約を、とありました。

本堂横の拝観受付で「本膳」をお願いしました。食事を申し込むとグループ単位で食事時間が決まります。指定された時間に受付に集合、お坊さんの案内で食事会場へ。場所は「円明閣」の一階食堂でした。

photo.jpg

photo.jpg

こちらが「本膳」です。

「うなぎの蒲焼もどき」は逸品。身の部分は大豆たんぱくにうなぎの食感を出すためにいろいろ練り込んだもの。皮は海苔です。粉山椒をふりかけ目をつぶって口に含むとまるでうなぎの蒲焼そのものです! これはおいしい。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 遠州東海「グルメ」ページに 遠州東海グルメ、奥山方広寺の「精進料理」- Vegitarian dishes of Hokoji Temple を追加しました。



●2018.12/3  京都観光、真如堂 四季のうつろい「十一月・紅葉」- Autumn leaves of Shinnyodo Temple

毎年、境内を埋めるカエデやハナノキが真っ赤に染まり、真如堂の訪問は紅葉の時期を外せませんね。

2018年の紅葉の様子をご紹介します。今年も昨年と同じ11月20日の訪問です。おや、昨年は真っ赤だった赤門前のカエデはまだ緑、今年は遅いようですね。

いつもお世話になっている、ある塔頭のご住職さんのところにご挨拶に伺ったあと、参道に戻ってモミジ見物開始です。今年の京都は紅葉が遅いようですが、真如堂も「五分」といったところでしょうか。見たところ昨年よりも1週間遅い感じです。

photo.jpg

photo.jpg

今年の真如堂のトピックが3つあります。1つ目は、本堂上がり口の左右に、あらたに手すり付きの階段が取り付けられました。高齢者の方にはきつい階段でしたが、新しく取り付けられた階段は段差が低く傾斜も緩やか。足の弱い方や小さなお子さんでも楽に登れることでしょう。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 京都観光「左京区」ページに 京都観光、真如堂 四季のうつろい「十一月・紅葉」- Autumn leaves of Shinnyodo Temple を追加しました。



< 続きはバックナンバーをご覧下さい >

Ads by Google

zekkei-s.jpg
1200項目以上の
京都総合目次はこちら
kyotokankoindex-s.gif
サイト内検索

gourmet.gif

ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら
クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ 人気ブログランキングへ

back-to-top.jpg
トップへ