最新の記事
●2016.2/10  京都ミニグルメ、そば處「出町 田舎亭」

今出川通と河原町通の交差点、多くの飲食店が集まるところですが、交差点の南西にあるのがそばの「田舎亭」です。暖簾をくぐると奥に細長く伸びるうなぎの寝床です。

メニューはもちろん「そば」中心、そして丼ものですが、なんと、そば出汁ベースの「中華そば」も名物なのだとか。卵かけごはんもあります!

メニューを開くと一番最初に載っているのが看板メニュー、さっそくこの「天ざるそば定食」を注文しました。税込み¥1,350です。天ざるにかやくご飯と小鉢がひとつ付きます。

photo.jpg

photo.jpg

天ぷらは盛りだくさん、サクサクでした。そばは可もなく不可もなし、でしょうか。お腹いっぱいになりました。なお、だし汁は「濃い味、薄い味」の自分好みで注文できるところが嬉しいですね。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 京都観光案内「グルメ」コーナーに 京都ミニグルメ、そば處「出町 田舎亭」を追加しました。


Ads by Google

絶景かなドットコム - 人気記事
これまでの記事
●2016.2/8  京都「出町妙音堂と猫さん」

出町付近を歩くときは必ず立ち寄る「出町妙音堂」です。芸術の神様ですので「絶景かなドットコム」がもっとすばらしいウェブサイトになりますように、と願ってお参りしました。

お参りしたあと本堂裏手の六角堂へ。歳の数だけ回ると願いが叶うそうですが、時間がかかりすぎるのと目が回るのでやめておきました。

ふと六角堂の右を見ると、、、おや? いらっしゃいましたか! 猫さん。

photo.jpg

photo.jpg

なかなかの貫禄ですね。お顔が大きいようで(笑)。栄養たっぷりですね。というか、少しダイエットが必要? 妙音堂の猫さんですか? このあと、猫さんの案内で境内を一周しました。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 京都観光案内「上京区」コーナーに 京都「出町妙音堂と猫さん」を追加しました。



●2016.2/7  京都「法住寺の節分会・鬼法楽」

2016年2月3日、京都、法住寺の節分会です。毎年境内では島原太夫さん参加による餅つき、鬼法楽(豆まき)と修験者による大護摩供がとりおこなわれます。

今年はスタンバイ中の皆さんの写真です。(鬼法楽の写真は 昨年のレポート をご覧ください。)

太夫さんも登場。いつもにこやかな島原の菊川太夫さん。昨年、一昨年と同じ顔ぶれ。全員変わらず餅つきと鬼法楽に参加です。

photo.jpg

photo.jpg

法住寺の本堂前境内は狭く、また見物客もそれほど多くありませんので間近で見ることができるのでお勧めだったのですが、折からの日本観光ブーム、海外からの観光客も加わり昨年に比べて見物客はかなり増えたようです。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 京都観光案内「歳時記」コーナーに 京都「法住寺の節分会・鬼法楽」 を追加しました。



●2016.2/6  京都グルメ「京料理・花ごよみ」でランチ

「花ごよみ」は京都ガーデンパレスホテルの中にある京料理のレストラン。宿泊には何度か利用しているホテルですが。花ごよみは初めて。家族全員そろってのランチ会食です。

「広いテラス窓に沿ったテーブル席、そして掘りごたつ式の個室があります。

注文したのはお得なランチ「冬の花御膳」¥2,000(税サ込)です。大きなお膳にもりだくさん!

お皿ひとつづつご紹介します。「口取り」は、鮪きんぴら、南蛮漬け、豆腐の田楽、小巻玉子、芽花椰菜の浸し、丸小芋土佐まぶし。

「油物」は、エビ、れんこん、青唐辛子、なす、です。

photo.jpg

photo.jpg

おいしい京料理に全員舌づつみ。あーおいしかった! 京料理というだけで少し敷居が高くなりますが、予算は¥2,000まで大丈夫、という向きにはコストパーフォーマンスの高いおすすめのメニューです。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・[1138] 絶景かなドットコム 京都観光案内「グルメ」コーナーに 京都グルメ「京料理・花ごよみ」でランチ を追加しました。



●2016.2/5  京都「八坂神社 - 大絵馬と蛭子社」

八坂神社では毎年の年末年始、舞殿に「大絵馬」を掲げることで知られています。今年は申年、もちろんモチーフはおサルさんです。

「猿の三番叟」、能の三番叟の舞です。五穀豊穣を祈願する舞、おめでたいモチーフですね。一番と二番は呪師が舞いますが三番は猿楽師が舞います。猿楽とサルを掛けているのですね。

それにしても今日は大変な数の参拝者。参道には行列ができています。

photo.jpg

photo.jpg

それもそのはず、今日は「えべっさん(十日えびす)」です。祇園界隈では、ここ八坂神社の蛭子社と京都えびす神社の2か所同時開催ですから、鴨川より西のエリアはごった返していました。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 京都観光案内「東山区」コーナーに 京都「八坂神社 - 大絵馬と蛭子社」 を追加しました。



●2016.2/4  京都、円山公園 - ねねの道「圓山地蔵尊」

圓山地蔵尊が建っている場所は、円山公園を南に進み、長楽館を過ぎ、大雲院からねねの道に入る曲がり角です。

写真の右手は円山公園、左はねねの道です。うしろの建物は「大雲院」。

大雲院は近年、四条河原町の高島屋がある場所にあったのですが、高島屋増床のためにこちらに移転してきました(昭和48年)。

16年かけて本堂や祇園閣が建造されましたが、その落成を祝い、「京都自治経済協議会」などから奉納されたものです。

photo.jpg

photo.jpg

円山公園から高台寺に向かう途中にあるお地蔵さん、多くの観光客が通る道ですが、なかなか立ち止まって手をお会わせる人はありません。周囲には他に目を引くものがたくさんありますので無理もないことですね。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・[1137] 絶景かなドットコム 京都観光案内「モニュメント」コーナーに 京都、円山公園 - ねねの道「圓山地蔵尊」 を追加しました。



●2016.2/1  京都「八坂庚申堂・正月明けの紅葉」

正月明けの1月10日、通りがかりに立ち寄った「八坂庚申堂」、境内に入って「くくり猿」の上のカエデが見事に紅葉しているのを見つけました。

普通でしたら葉をすべて落としています。樹種によっては一年中赤い葉をつけるカエデもありますが。

いずれにしても珍しいことです。暖冬が叫ばれて久しいのですが、そのうちカエデは一年中落葉しなくなるのでしょうか。

photo.jpg

photo.jpg

異常気象が早く収まるようにお祈りして八坂庚申堂をあとにしました。さらなる省エネと節電をがんばろう!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 京都観光案内「東山区」コーナーに 京都「八坂庚申堂・正月明けの紅葉」 を追加しました。



< 続きは右欄のバックナンバーをご覧下さい >

zekkei-s.jpg
1000項目以上の
京都総合目次はこちら
kyotokankoindex-s.gif
サイト内検索

gourmet.gif

ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら
クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ 人気ブログランキングへ

back-to-top.jpg
トップへ