白馬村「ラ・ネージュ東館」

撮影 2015年8月1日
Hotel de LA NEIGE Higashi-kan, Hakuba-mura - August 1, 2015
top-sonota.jpg
ホテル「ラ・ネージュ東館」は、白馬村八方和田野の森にあり、建築家、フランク・ロイド・ライトのアイデアを取り入れた洋館建築。「森の中に佇むホテル」がコンセプト。1990年オープンのリゾートタイプのホテル。
 ・住所 長野県北安曇郡白馬村八方和田野の森 map
 ・電話 0261-72-7111
 ・アクセス JR大糸線白馬駅よりタクシーで7分、ホテル送迎あり
 ・駐車場あり、ラ・ネージュ東館 公式HPはこちら

「ラ・ネージュ東館」の外観

「ラ・ネージュ東館」は八方・白馬村のリゾート地に数あるホテルの一つ。和田野の森の道に立つ案内板、右に入ると「ラ・ネージュ東館」、左に入ると「ラ・ネージュ本館」です。ホテルに到着した夕刻の写真です。

laneige11.jpg

ラ・ネージュとは「雪」という意味。そのシンボルが建物正面に輝いています。

laneige11.jpg

建物全体はレンガブロックに覆われています。1990年に建造の2階建て、入り口は自動ドアではありません!

laneige11.jpg

こちらは早朝の写真です。

laneige11.jpg

建物の裏に出てみました。「和田野の森」そのものです。建物中央の1階、屋根が出っ張っているところが半円形のラウンジ(下の写真)、その真上が今回宿泊した部屋です。

laneige11.jpg

ロビー、レストランなど

ホテルの玄関を入って正面はロビー/ラウンジになっています。様々な色・形のソファーが置かれていて、お好みのソファーを選んでくつろぐことが出来ます。

laneige11.jpg

客室へは写真の木の階段を登ります。

laneige11.jpg

ワールドカップや長野オリンピック開催時は各国の要人宿泊先として使用されたそうです。なるほど、といえますね。最近では冬場の宿泊者は海外スキーヤー(オーストラリア)が多いそうです。

laneige11.jpg

ホテルに到着するとウェルカムドリンクでもてなしてもらえます。各自が好みの飲み物を注文、私はシャンペン(笑)。もちろん宿泊料金に含まれています。このラウンジには自家製のクッキーや飲み物などが常設されていて、宿泊者は自由に利用し歓談することが出来ます。ホテルのスタッフの皆さんのもてなしは最高級、至れり尽くせりでした。

laneige11.jpg

レストランです。夕食、朝食ともにこちらで頂きます。朝は屋外のテラス席も使えて、そちらのほうが人気が高かったようでした。夕食はフレンチ、朝食はプリフィックスに加えサラダなどはビュフェになっていました。レストランのスタッフも大勢で、気持よく食事を楽しみました。

laneige11.jpg

客室など

宿泊した部屋はスタンダード・ツイン、「Standard D type SD8」という2階のほぼ中央の部屋です。室内インテリアには仏・ジュイ地方の伝統あるテキスタイルが散りばめられています。素晴らしい部屋ですね。

laneige11.jpg

でもこれでスタンダード。さらに、スーペリア、デラックスと、これ以上のグレードの部屋があるのです。我が家はスタンダードで充分すぎます。

laneige11.jpg

カーテンも同じテキスタイルです。

laneige11.jpg

バスルームは標準的。

laneige11.jpg

laneige11.jpg

各部屋にはテラスがついていますが、この部屋のテラスは他の部屋よりかなり広い。

laneige11.jpg

テラス窓を開けて出てみると、外は和田野の森、部屋に居ながら森林浴が出来ます! 

laneige11.jpg

部屋の入口前には、さりげなくこのようなくつろげるコーナーがあります。部屋のソファーと同じものが置かれていました。

laneige11.jpg

- 宿泊後記 -

ラ・ネージュ本館には何十年か前に宿泊したことがあって、今回はその想い出を抱きつつのステイでした。宿泊費はかなり高額なので、なにかのアニバーサリーに利用するとよいでしょう。特別な「おもてなし」が期待できるおすすめのホテルです。


Ads by Google

Copyright (C) 2015 Zaucats, All Rights Reserved.

back-to-top.jpg
トップへ