「千畳敷」 - 1999年12月
Senjijiki Kurl - December, 1999
yama-title-s.jpg

千畳敷(せんじょうじき)
中央アルプスの木曽駒ケ岳、宝剣岳のふところに位置する。2万年前の氷河によってできたカールの底、標高2612m。畳を1,000枚敷いた広さがあるため「千畳敷カール」と呼ばれる。しらび平(1662m)からロープウェイで一気に登るとそこは厳冬の世界。夏も残雪が残る。
 ・登山隊長 ZauCat
 ・隊員 YoshiCat、ひで君(14才)、みぃさん(11才)


駒ヶ根にファミリースキーに出かけました。到着日とその翌日、たっぷりと滑ったところで3日目はやや疲れが出てスキーはパス。下から見上げると美しい白き峰、あれに上ろう! と急に思い立ってバスターミナルへ。もちろん厳冬期の登山は経験がありませんのでロープウェーで千畳敷まで上り、ターミナルからの展望です。
夏場だと3〜4時間待ちはザラのロープウェー、あの雑踏がうそのようです。なんと待ち時間なしで乗れました。今日はたまたま快晴ですが、冬場は晴れることも少ないのでツアー客もないのでしょう。

senjojiki11.jpg

宝剣岳をバックに記念撮影。左のひときわ高い岩稜が宝剣岳です。標高2933m。この季節は極寒の地です。天気が良ければ安全ですが。空の色は「青」というよりも「紺」。宇宙を感じさせますね。

senjojiki11.jpg

千畳敷とは逆方向を眺めると南アルプスの山並みが見渡せます。左から仙丈岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳です。

senjojiki11.jpg

ふもとの駒ヶ根、駒池から千畳敷を望みました。池の上に立っている? そう、寒さで凍り付いているのです。上を歩くと「ミシミシミシ」と、不思議な音がしました。氷の割る音かな?

senjojiki11.jpg

Copyright (C) 2010 ZauCats, All Rights Reserved.
ZauCatsファミリーによる京都、巨木、美しい料理など旅先で出会った絶景写真集です。京都のすべての社寺をZauCats流に観光案内!
family.jpg


1