いつもアニバーサリーディナーで利用させてもらっている「リストランテ・イプシロン」、今日は家族そろっての誕生会です。まず白ワインで乾杯!  本日の料理は「おまかせコースディナー ¥3,500」、イプシロンのディナーは予約のみです。予約時に好みやアレルギー食材などを伝えると対応していただけます。

ipsilon121.jpg

車の運転手は「旬摘 信州ぶどう コンコード」で乾杯。これまた濃厚でおいしい。こちらで初めて知った濃縮還元でない本物ジュースです。

ipsilon121.jpg

最初に運ばれてきました「本日のアミューズ」です。盛りだくさん! 左上「青森産のホタテ、ガーリックバター」、右上「生ハムとイベリコ豚の自家製ハム」、左下「オーロラサーモンのラザニア」、下中央「ブラッティーナチーズ」(初めて口にしました)、右下「イサキのマリネ」。さて、右上のモジャモジャしたものですが「オカヒジキ」だそうです。イタリア料理のアグレッティになぞらえたものでしょうか。ミネラルをたくさん含む健康食です。どれも下ごしらえに相当時間がかかっているんでしょうね。

ipsilon121.jpg

アミューズのお皿は二層構造です。白いプレート皿の上に型板ガラスが敷かれ、間に花びらが。食べていくに従ってガラス板の下にきれいな花びら模様が見えてきます。なんとおしゃれな趣向。食べ終わってガラス板を持ち上げると、、、下にはこんな花びらが飾られていました!

ipsilon121.jpg

つづいて「前菜」は三つのグラスで。左「ハタのエスカベッシュ、トマトの泡」、中「ポテトサラダ、甘海老のムース、もずく」、右「人参と玉葱のピュレとズワイガニ」 ペースト系はイプシロンの真骨頂、それぞれ食材が複数の層になっていますのでスプーンで口に運ぶたびに味が変わります。下ごしらえに相当時間をかけているのでしょうね。

ipsilon121.jpg

パスタは手打ちキタッラ「大葉のジェノベーゼ」です。白く見えるサイコロ状のものはズッキーニ、しその葉の香りが夏らしくてさわやかでした。

ipsilon121.jpg

魚料理です。「オマールエビとヤリイカのロール」アメリケーヌのソース。このソースはフランス料理で出される、エビの殻を炒め魚の出汁と生クリームを加えたもの。初めて口にしました。(イプシロンの料理は「初めて」が多いのです!)

ipsilon121.jpg

本日のスープ。

ipsilon121.jpg

肉料理です。「自家製ソーセージと三重で取れた和鹿のソテー」青コショウのソース。鹿肉を食する機会はあまり多くありませんのでなかなか味を覚えられないのですが。あらためて味わうと「おいしい!」 ビーフともポークとも鴨とも違う味ですが。何かの味に似ていたのですが思い出せませんでした。

ipsilon121.jpg

デザートです。「シューラスクにのせたクリームチーズのムース、マチェドニア、ベリーのソース」 料理名が長くなるのは、一言で表す言葉がないから。オーナーシェフさんが考え出したレシピなんです。これも相当手間のかかったデザートです。

ipsilon121.jpg

久しぶりの訪問でした。調理の美しさと味は変わらず、ほんとに美味しい! 今日もおいしいごちそうをどうもありがとうございました。

ipsilon12b.jpg



Ads by Google



関連コンテンツ


Copyright (C) 2017 ZauCats, All Rights Reserved.

back-to-top.jpg
トップへ